ブログ

2024.02.13

花粉症と脱毛

2月の季節は花粉症が始まりましたね

敏感になった皮膚はいち早く察知能力を発揮し反応を見せます。

しかし、その反応も歳を追うごとに変化していませんか?

数年前、歯科健診で歯が浮いてムズムズしませんか?と尋ねられました。どうやら最近は歯茎にも花粉症の症状が現れて先生もびっくりしていると言ってました。

目、鼻、耳、喉、顔、歯茎…そして頭皮と花粉症の反応箇所がどんどん広がっています!

最近では低年齢化で幼児期から発症してしまい日常生活も送りずらいと耳にします。原因としては専門家は国が植えた杉の木が花粉の大量放出する樹齢である又は家の中が綺麗になり過ぎたなど意見はあるようですけど、幼児から始まっては薬にだけ頼ってもいられないです。

美容界でも症状が広がるのは大問題!?

花粉症の刺激で脱毛傾向になる人が増えているのです。

ではどうすれば良いのでしょうか?

  • 先ずは花粉症時期に顔が痒い頭が痒いなどの症状がある時は美容薬品(カラー剤、パーマ液など)は避けましょう。
  • なるべく花粉をしっかり落とせるシャンプーを心がかけましょう。
  • 痒みに任せて掻きむしるシャンプーにならないように気をつけましょう。
  • 花粉症で荒れた頭皮をちゃんと正しくケアーしましょう。

皆さんお顔が荒れたならすごく手厚くお手入れしてくれるのですが頭皮になるとぞんざいに扱っていませんか?ある意味頭皮はお顔よりデリケートなのですよ?

トラブル症状は人によっても違います。炎症や傷がある場合などシャンプー剤や美容液も考えてあげて欲しいです。放って置く年々と症状が広がったり酷くなったりします。毎年恒例〜とやり過ごさず、頭皮の劣化による老化を防ぎたいものです。

カレンダー

«2月»
    1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29   

フィード

ご予約・お問い合わせはこちらから

ご予約・お問い合わせは
こちらから

初めての方は以下の予約フォームからご予約ください。
ご不明点などあればお気軽にお問い合わせください。

初めての方は以下の予約フォームからご予約ください。ご不明点などあればお気軽にお問い合わせください。

2回目以降のご予約はLINEからお願いいたします。

2回目以降のご予約はLINEからお願いいたします。

Copyright (C) 理学美容院LaiLa All Rights Reserved.