ブログ

2024.02.04

美容トラブル 脂漏性脱毛

ここに脂漏性による脱毛について考えます

脂漏性疾患

皮脂腺の乱れから痤瘡桿菌の異常増殖が原因といわれマラセチア菌(真菌)が原因菌です。痤瘡桿菌とは皮脂腺の中に生息する人間にとって無くてはならない尋常菌です。皮脂腺が乱れる原因としては洗浄不足や過剰洗浄、美容薬品、ホルモン、生活の乱れやストレスなど多岐にあります。以前は男性に多く見られた皮膚疾患でしたが最近は女性にも多く見られます。

脂漏性による美容被害はとても多く頭皮臭やベタつき湿疹や炎症から脱毛にまで及びます。

毎日お風呂で洗っていても洗浄力が合わなければ肌の清潔にはならないのです。特に頭や顔はお化粧をしている事が多いです。最近のヘアー剤は手触りや香り重視、コーティング効果の高いものが選ばれています。これらも頭皮にとっては汚れなのですが効果の持続性を優遇すれば反面、落ちづらいのは否めません。また自然派で化粧品を使わないからと近年には湯シャンという洗剤を使わないで洗う方が体にも地球にも優しいのだ!という理論をよく聞きます。しかし、白いブラウスに洗剤つけずに洗っていては黄ばみますよね?タンパク汚れは水では落ちません。それに頭皮の天然汚れは単純ではないです。その上に合成化学物質(化粧品)の汚れがついています。それらが水道水での湯シャンで十分と言うのは無理があるかと思いますね

確かに皮膚には解毒能力が備わっていて洗わなくても汚れを中和する皮膚の防御機構が働きます。ホームレスのおじさんがお風呂に入ってなくても皮膚疾患や脱毛症にならずに居られるのは皮膚免疫が働いている証拠でしょう。しかしこの解毒システムにも人それぞれに許容量がありもともと皮膚の弱い人は許容量が小さいのです。また、大きな許容量を持ち皮膚は強いと思っていても落ちづらい化粧品の洗い方を考えずいつの間にかトラブル肌を作り上げてしまった私のような女性も少なくないのです。よく歳を取ったらアレルギーになったと言いますが特に頭、顔などの場合多くは自身で作り上げたトラブル肌が正しいのです。

脂漏性のトラブルは脱毛にまで至る事を多くみます。円形のようにツルツルになる訳では無いですが、毎日不安になるほどの脱毛量の多さに気にせずはいられませんね。最初に間違いやすいのは脂が多いからとて洗浄力の強い洗剤を選んだり、よく見る脂性用のアルコール成分的な消毒効果のある洗剤を選ぶことは大きな間違いです。まず、皮膚を荒らしてしまう不飽和脂肪酸を作り出す狂った皮脂腺の回復が先なのです。

理学美容とは乱れてしまった皮膚の防御機構を守ためのケアーとして開発された美容法です。慢性してしまい治療しても繰り返す皮膚に必要なのは薬だけではなく併用するケアーが一番大事なのです。エントリー本文を書きます。

カレンダー

«2月»
    1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29   

フィード

ご予約・お問い合わせはこちらから

ご予約・お問い合わせは
こちらから

初めての方は以下の予約フォームからご予約ください。
ご不明点などあればお気軽にお問い合わせください。

初めての方は以下の予約フォームからご予約ください。ご不明点などあればお気軽にお問い合わせください。

2回目以降のご予約はLINEからお願いいたします。

2回目以降のご予約はLINEからお願いいたします。

Copyright (C) 理学美容院LaiLa All Rights Reserved.